カードローンの支払利息を少なくするには

おすすめカードローンの支払利息を減らすのは意外と簡単なのです。
大原則となるのは低金利で借りることですが、契約後も工夫次第で抑えることができます。
最も確実な方法は、短期返済プランを立てることなのです。
短期間で支払いをするほど、借入日数が少なくなります。
カードローンの利息は借入日数により発生するので、早く返したほうが絶対に得なのです。
長期借入にも対応はしていますが、そもそもカードローンとは短期返済用の小口ローンとなっています。

利息の支払いを少なくするには、1ヶ月以内の返済を心がけてみましょう。
例えば実質年率18%のカードローンなら、1ヶ月で返済すれば月利は1.5%となります。
月利にしてしまえば、どの程度の利息が発生するのか簡単に計算できるでしょう。
例えば10万円の借入をした場合なら、月利1.5%だと1500円になります。
15日間で返済した場合は、750円が加算されるのみです。
早く返済するほどお得なので、なるべく一括返済を意識して借りることです。

カードローン全般は随時返済ができるので、約定返済とは別に支払いしていくことができます。
短期間で返済をしている方は女性に多いため、女性は完済総額が少なくなる傾向があるのです。
次の給料日まで借りるという使い方が最適であり、この使い方だと完済総額をかなり少なく抑えられます。
高額の借入をするほど返済期間が長期化するので、少ない金額の借入・返済を繰り返すという使い方がベストでしょう。