内部留保と借金返済

企業の内部留保とは、企業が持つ余剰力ととらえることができます。
ただし、内部留保が高いからといって必ずしも借金の返済が進むとは限りません。
ここでは、内部留保と借金返済について考えてみましょう。

内部留保とは、決算書類のうち「貸借対照表」の「資本の部」に記載されています。
一般的には、この内部留保が高いほど企業経営の安全性は高いといえます。
ただし、内部留保の部分を、則借金返済に充てることができるとは限りません。
例えば以下の例を見てみましょう。

現金・預金 150 借入金  200
売掛金   250 買掛金  200
土地    550 資本金  300
         内部留保 300
合計    1000 合計   1000

会社の資産は、様々な形で存在しています。
現金や預金の他にも、会社が保有している土地などの不動産、商売上発生している売掛金などの債権も資産のひとつです。
この資産をすぐに処分できるというわけでもなく、とくに商売上の売掛金などは回収するまで借金の返済に回すことすらできないのです。
つまり、売掛金の回収率が悪かったりすると、その分負債を返済することが難しいとなります。

また企業にはある程度の運転資金が必要です。
金額的に借金を上回る現金があったとしても、運転資金のことを考慮にいれると、一気に借金を返済することが難しいこともあります。

内部留保と借金の関係には、このような様々な事項が関係しています。
単純に、「内部留保が高い」「借金が少ない」会社が「安全」とは言い切れない部分もあります。

モビットとは

モビットとは現在三井住友銀行グループのSMBCコンシュマーファイナンスが株主となって運営されている銀行系消費者金融ですが、現在に至るまで複雑な経緯を経ています。

モビットは2000年5月、三和銀行(現・三菱東京UFJ銀行)が中心になり、融資系列であった消費者金融専業のプロミスと信販会社のアプラスとの共同出資で設立された会社です。
その後、アプラスが撤退し、2004年7月に三井住友銀行がプロミスの株式を取得することで、モビットは三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)に属するものの三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が間接的に出資する合弁会社という形態になります。

2012年9月にはMUFGおよびSMBCコンシューマーファイナンスから合弁解消の申し出があり、個人向け無担保ローン事業はSMBCが引きついで、MUFGは地方銀行が無担保ローンの保証会社として継承ます。
最終的には保証業務をMUFGとアコムが新たに設立した保証会社「エム・ユー信用保証株式会社」に分割すると同時にモビットの株式をMUFGがSMBCに譲渡したため、モビットはSMBC傘下となり、現在モビットはSMBCコンシュマーファイナンスが株主となっています。

こういった経緯は、貸金業法の改正によって大手消費者金融は大手銀行グループの傘下に入り、「レイク」のように消費者金融から新生銀行グループにすべてを譲渡し、現在銀行カードローンとして事業展開をするといった会社があります。
モビットは学生借入できる?学生が最短でお金を借りるには?はこちら

カードローンの支払利息を少なくするには

おすすめカードローンの支払利息を減らすのは意外と簡単なのです。
大原則となるのは低金利で借りることですが、契約後も工夫次第で抑えることができます。
最も確実な方法は、短期返済プランを立てることなのです。
短期間で支払いをするほど、借入日数が少なくなります。
カードローンの利息は借入日数により発生するので、早く返したほうが絶対に得なのです。
長期借入にも対応はしていますが、そもそもカードローンとは短期返済用の小口ローンとなっています。

利息の支払いを少なくするには、1ヶ月以内の返済を心がけてみましょう。
例えば実質年率18%のカードローンなら、1ヶ月で返済すれば月利は1.5%となります。
月利にしてしまえば、どの程度の利息が発生するのか簡単に計算できるでしょう。
例えば10万円の借入をした場合なら、月利1.5%だと1500円になります。
15日間で返済した場合は、750円が加算されるのみです。
早く返済するほどお得なので、なるべく一括返済を意識して借りることです。

カードローン全般は随時返済ができるので、約定返済とは別に支払いしていくことができます。
短期間で返済をしている方は女性に多いため、女性は完済総額が少なくなる傾向があるのです。
次の給料日まで借りるという使い方が最適であり、この使い方だと完済総額をかなり少なく抑えられます。
高額の借入をするほど返済期間が長期化するので、少ない金額の借入・返済を繰り返すという使い方がベストでしょう。

ファミリーマートなどの提携ATMは手数料がかかる、入金は後から出金はその場で

提携先のコンビニATMでは24時間いつでもプロミスを利用することができます。
借り入れももちろん返済ももちろんです。
イーネットやローソンATM、セブン銀行なども利用することができますが現在あるファミリーマートなどの大手コンビニチェーンであれば大半はプロミスを利用できるATMが設置されています。
24時間いつでも利用できるのはコンビニならではのメリットになりますが、残念ながら利用手数料がかかります。
提携先のATMで利用手数料がかからないのは三井住友銀行のATMだけとなっています。

利用手数料がかかるとはいっても大きな金額ではありませんので負担には感じないかもしれません。
しかし毎月のこととなればそれはちりも積もればとなるわけです。
取引金額が1万円以下では105円、1万円超では210円の提携ATM利用手数料が発生します。

ここでもう少し詳しくご説明しましょう。
借り入れでも返済でも手数料が発生しますが、この手数料を支払うタイミングは違ってきます。
借り入れをするときには次回返済時の清算です。
3千円を借り入れしようとATMから引きだした時にはその金額はそのまま借り入れ金額となり、手数料となる105円はそこから引かれるのではなく次回返済日に返済額の中に含まれることになります。
返済時には返済と合わせての清算となります。
3千円を返済するときには提携ATMでは3、105円を入金することになります。
手数料の仕組み、お分かりいただけたでしょうか。
プロミス審査基準とは?審査前に押さえるポイント教えます。はこちら

全身脱毛し放題っていったい何?

ムダ毛の自己処理よりも肌へ負担をかける事もなく、脱毛を受ける事でムダ毛ケアを効果的に行う事ができるとして、近年では多くの方達が脱毛を受けています。
サロンで見られる全身脱毛、し放題とは脱毛の施術が完了するまで期間がなく脱毛の施術を受ける事ができる事です。
全身脱毛のし放題は納得がいくまで、しっかりと脱毛の施術を受ける事が出来ます。
脱毛のサロンによっては様々なプランがあり、部分脱毛や施術の回数が決まってあったりなどで、まだムダ毛が気になるのに施術の回数が終わってしまう事で、追加料金を支払う事になる場合があります。
全身脱毛のし放題は、全身のムダ毛をしっかりと納得がいくまで期限なしで施術を受ける事ができるのがメリットで、毛深い悩みを解消する事が出来ます。
全身にあるムダ毛をすっきりと効果的になくす事ができる全身脱毛は、し放題のプランがあるサロンで脱毛する事で、最後までムダ毛を残す事もなく脱毛する事が出来ます。
自分で行うムダ毛の自己処理よりも全身脱毛を行う事によって、自分では見えない部分のムダ毛までもすっきりとなくす事ができる為、剃り残しなどもなくムダ毛をケアする事が出来ます。
デリケートな部分なども痛みをなく脱毛をする事ができ、美肌へとアプローチしながら毛穴の引き締め効果なども感じながらムダ毛のケアを行う事ができます。
脱毛施術の期限もなく、思い通りの納得がいく満足な仕上がりになる事が期待できます。